アレグラは花粉症に効果的な薬として有名ですが、飲んですぐに効果が出るわけではないので、服用してすぐ外出して効き目を感じられないと思った人もいるのではないでしょうか?アレグラが効き始めるタイミングや正しい服用方法を理解して、しっかり花粉症対策をしましょう。

  • ホーム
  • アレグラによる赤ちゃんへの影響

アレグラによる赤ちゃんへの影響

細菌が沢山

花粉症になると、鼻水や鼻づまり、くしゃみ、目のかゆみなどが繰り返し起こるので、辛い時期にはアレグラなどの薬で対処している方がほとんどです。
アレグラを服用すると、辛いアレルギー症状を抑えられるので、心身ともに楽になりますから、病院で処方してもらったり、個人輸入代行通販に注文して、手に入れるようにしましょう。

妊娠している女性の場合は、アレグラがもたらす赤ちゃんへの影響が気になる方もあるでしょうが、妊娠初期は、どんな薬も胎児への影響が出やすいので、注意が必要です。
胎児への影響を考えるなら、妊娠15週目までの妊娠初期の段階では、出来るだけは服用を避けた方が良いでしょう。
ドラッグストアで売られているような市販薬を使っている人も、妊娠初期の段階では必ず医師に相談するようにし、自己判断では服用しないようにしましょう。
鼻に局所的に作用する点鼻薬なら、体内に薬を入れないので、比較的胎児への影響は少ないと思われますが、医師に確認した方が安心して使えます。
妊娠初期の段階を過ぎれば、アレグラなどの花粉症薬を使っても、おなかの赤ちゃんが影響を受けることはないといわれているので、処方してくれる病院が増えますが、中には安全のため、漢方薬を出してくれるところもあるようです。

花粉症がひどくなると、ストレスがたまり、胎児にも良くない影響を与えるので、辛いときは我慢せずに医師に相談し、対策を考えてもらうようにしましょう。
花粉症の症状を抑えるためにも、普段から外出時にはマスクを着用したり、室内では空気清浄器をつけるなどして、花粉対策を行うことも大切です。
アレグラによる赤ちゃんへの影響が心配な方は、病院へ行って医師に判断を委ねましょう。

関連記事
アーカイブ
人気記事一覧
サイト内検索