アレグラは花粉症に効果的な薬として有名ですが、飲んですぐに効果が出るわけではないので、服用してすぐ外出して効き目を感じられないと思った人もいるのではないでしょうか?アレグラが効き始めるタイミングや正しい服用方法を理解して、しっかり花粉症対策をしましょう。

  • ホーム
  • ブタクサ花粉症とメロンアレルギーとアレグラで抑制

ブタクサ花粉症とメロンアレルギーとアレグラで抑制

考える女性

アレグラは病院の他にドラッグストアでも手に入る薬で、花粉症や通年性アレルギー性鼻炎の治療に有効です。
アレグラの有効成分はフェキソフェナジン塩酸塩となっており、その効能はくしゃみや鼻水、鼻づまりといった鼻のアレルギー症状の緩和です。
病院では蕁麻疹やアトピー性皮膚炎などに伴う皮膚のかゆみを軽減するためにも処方されている薬となっています。

花粉症はスギやシラカバ、ブタクサなどの花粉がアレルゲンとなって起こる季節性のアレルギー性鼻炎です。
アレルゲンが身体に入ると体内の肥満細胞からヒスタミンやロイコトリエンという物質が放出され、これらのアレルゲンを外へ出そうとして鼻の粘膜を刺激したり血管を拡張させます。
そのため、くしゃみや鼻水、鼻づまりなどが起こるという仕組みになっています。

アレグラは体内に放出されたヒスタミンの作用を抑制する効果や、アレルギー症状を引き起こすヒスタミンなどの物質が体内に放出されるのを抑えるケミカルメディエーター遊離抑制作用があります。
更に炎症細胞の影響を抑制する抗炎症作用の3つの効果を併せもっているため、アレルギー症状を抑える働きの強さが期待出来る薬です。

メロンを食べていて口の中や喉にイガイガ感やかゆみを感じる人は、メロンアレルギーを持っている可能性があります。
このような果物や野菜を食べて起こるアレルギー症状を「口腔アレルギー症候群(OAS)」と呼んでおり、花粉症との関連が指摘されています。
その関連とは、花粉症の原因物質と似ている物質が含まれている果物や野菜によってアレルギー反応が起こるというものです。
ブタクサがアレルゲンで花粉症になっている人はスイカやメロン、バナナなどで口腔アレルギー症候群の症状が出る怖れがあります。
重症の場合はアナフィラキシーショックを起こすこともあるので、当てはまる人はメロンなどを食べる時に注意した方が良いと言えるでしょう。

関連記事
人気記事一覧
サイト内検索