アレグラは花粉症に効果的な薬として有名ですが、飲んですぐに効果が出るわけではないので、服用してすぐ外出して効き目を感じられないと思った人もいるのではないでしょうか?アレグラが効き始めるタイミングや正しい服用方法を理解して、しっかり花粉症対策をしましょう。

  • ホーム
  • 授乳中にアレグラの服用が禁止な理由

授乳中にアレグラの服用が禁止な理由

薬のイメージ

アレグラを入手するためには、主に3つの方法があります。

まずは、医療機関から処方して頂く方法です。
医療機関で診察時に、アレグラを希望すると、医者が処方してくれます。
眠気により、お仕事に支障をきたすことができない旨を伝えると、アレグラが処方されるケースが多いです。

次に、市販薬を薬局で購入する方法があります。
現在、ドラッグストアでは、市販薬用のアレグラを購入することができます。
第一類医薬品に指定されているので、国内の通販で購入することはできないものの、薬剤師が存在している薬局では購入可能です。
指導を要する医薬品という扱いになっているので、薬剤師が常駐している薬局もしくは、ドラッグストアが対象です。
取り扱い店であっても、薬剤師が席を外している場合などは、購入することができません。

そして、海外のウェブサイトから、アレグラを個人輸入するという方法もあります。
国内のショッピングサイトでは、アレグラを入手することができないものの、海外から医薬品を個人輸入できるウェブサイトであれば、処方されるアレグラと同じものが手に入ります。
70日分までインターネットで注文することができるので、長期的に服用したい場合に重宝します。
このように、様々な入手方法があるアレグラは、花粉症の治療を目的として、海外メーカーから販売されている薬です。

最も広く出回っている花粉症薬と言っても過言ではなく、副作用の少なさから、多くの方から信頼を受けています。
スギやヒノキというような、花粉症の原因を緩和させることができるため、止まらないくしゃみや鼻水を改善させることができます。
通年性アレルギー鼻炎にも効くため、常に花粉症のような症状が起こっている場合にも、最適です。

関連記事
人気記事一覧
サイト内検索