アレグラは花粉症に効果的な薬として有名ですが、飲んですぐに効果が出るわけではないので、服用してすぐ外出して効き目を感じられないと思った人もいるのではないでしょうか?アレグラが効き始めるタイミングや正しい服用方法を理解して、しっかり花粉症対策をしましょう。

更新履歴
大きな病院

アレグラは、ヒノキやスギといった花粉が要因となり生じる、季節性アレルギー性鼻炎に効果があります。
季節性アレルギー性鼻炎に陥ると、鼻水やくしゃみ、鼻づまりといった辛い症状に悩まされ、日常生活もままならなくなります。
ハウスダストやダニが要因となり生じる、通年性アレルギー鼻炎にも有効的です。

アレグラは、処方薬と市販薬がありますが、処方薬と市販薬どちらにおいてもアレルギー性鼻炎に効果があります。
ただし、病院から処方されるアレグラの方が、様々な症状に対し効果があります。
アレルギー性鼻炎を解消できることに加え、蕁麻疹といった皮膚疾患による痒みを、改善させることができるのです。
具体的には、アトピー性皮膚炎をはじめ蕁麻疹や、湿疹などに効果があります。
しかも、乾燥による肌の痒みや、虫刺されによる肌の痒みまで改善させることができるのです。

アレグラは、服用後およそ1時間から2時間で効果が現れ始めます。
最も高い効果を発揮するのは、服用してから2時間が経過した頃です。
一方、最も効果が落ちてしまうのが、投与後およそ10時間が経過した頃と言われています。
アレグラを投与することで得られる効能は、個々により持続時間が異なります。
一般的には、1度の服用で8時間から12時間程度持続すると言われていますので、お仕事前に1度飲むだけで、お仕事中に飲み直す必要がありません。

アレルギー症状が発症することに関しては、ヒスタミンと呼ばれる体内物質との関係性が深いことを理解しておく必要があります。
これまでの抗ヒスタミン剤というのは、脳の活動が抑制されてしまうので、飲用後に眠くなる可能性が高いという欠点がありました。
こうした、眠気を感じさせない点に注力して製造されたのが、アレグラです。

記事一覧
細菌のイメージ

スギやヒノキといった花粉症は今や国民病とも言えるほど、身近なアレルギー症状となっています。 花粉は原...

考える女性

アレグラは病院の他にドラッグストアでも手に入る薬で、花粉症や通年性アレルギー性鼻炎の治療に有効です。...

細菌が沢山

花粉症になると、鼻水や鼻づまり、くしゃみ、目のかゆみなどが繰り返し起こるので、辛い時期にはアレグラな...

薬のイメージ

アレグラを入手するためには、主に3つの方法があります。 まずは、医療機関から処方して頂く方法です。 ...